この記事を読むと…

  • 武将キャラにおすすめの防御用宝石が分かる
  • 武将キャラには必要でない防御用宝石が分かる

放置少女・宝石2

武将キャラは、物理攻撃に対する防御力は高いけど、法術攻撃への防御力がやや弱い…


放置少女・宝石2

そんな弱点を補いつつ、全体的な耐久力を高める方向で装着する宝石を考えていこう!


放置少女・宝石2

武将のおすすめ宝石(攻撃用)もチェックしてね!

スポンサーリンク

武将におすすめの防御用宝石1位:真珠(HP上限)

ゲームが進むにつれて、敵から受ける攻撃のダメージが大きくなります。一撃で数十万以上のダメージを受けることも頻繁にあるので、最大HPを上げて耐久力をできる限り上げておいて損はありません。

最大HPを上げておけば、仮に敵から会心攻撃を喰らったとしても倒れずに耐えることができるからです。

攻撃用宝石に比べて、防御用の宝石はどちらかというと後回しになりがちですが、真珠に関してはゲームの初期段階から装着しておくべきでしょう。

武将におすすめの防御用宝石2位:黄玉(体力)

真珠がHP上限に特化した宝石であるのに対し、黄玉は基礎ステータスの体力を上昇させることができます。

体力を上げると、HP上限ともう一つ、根気値のステータスも上昇します。

根気値を上げることにより、敵の会心攻撃の確率を下げることが可能です。

真珠と同時に装着することにより、HP上限をさらに引き上げ、耐久力の向上が望めます。

武将におすすめの防御用宝石3位:紫水晶(法術防御)

武将キャラの場合、物理防御を高めるためには紅玉を装着すればいいのですが、法術防御は基礎ステータスで上げることができず、法術防御値を高めるには、より良い装備品を装備するか、紫水晶で補填するほかありません。

敵が法術攻撃の属性を持つキャラ(謀士)だった場合の対策として、武将の3枠目には紫水晶を装着させるのが適切であると筆者は考えます。

武将におすすめの防御用宝石4位:白水晶(根気値)

先述した通り、武将キャラは紅玉を装着して物理防御を高めることができます。その上で、橙水晶を装着してより物理攻撃への耐性を高めておくのも一つの手です。

ただし、橙水晶はどちらかと言うと物理防御ステータスの劣る謀士や弓将に優先して装着させた方が良いのではと思います。

また、闘技場などの対ユーザー戦では、会心値を強化したキャラも多いため、敵の会心攻撃の確率を下げられる白水晶を装着することで、こちらの受けるダメージ量を減らして倒される確率を減らしたいところです。

武将におすすめの防御用宝石5位:橙水晶(物理防御)

白水晶の部分でも解説しましたが、

  • 武将キャラは紅玉で物理防御を上げられる
  • 橙水晶は謀士や弓将キャラに優先的に装着させたい

という点から、白水晶の方を優先度高めにした方が良いと考えています。

ただし、白水晶で会心攻撃を回避できるかどうかは運任せな面もあるので、宝石の余り具合やキャラの育成方針によってどちらを装着するべきか考えるようにしましょう。

その他の防御用宝石は武将につけるべき?

黒水晶(回避値)

回避値は敏捷ステータスを上げることによって上昇できますが、元々基礎ステータスに敏捷が入っていない武将キャラは回避値が上がりにくいです。

そのため、武将キャラは攻撃を避けることよりも受けるダメージをいかに少なくするべきかに焦点を当てた方が良いでしょう。

限りある宝石の装着枠を1つ減らしてまで回避値を上げる必要はありません。

武将におすすめの防御用宝石についてまとめ

以上、武将キャラにつけるべき防御用宝石について解説しました。

武将の場合、真珠・黄玉・紫水晶で3枠は固定、残り1枠を白水晶か橙水晶で埋める、という考え方で問題はありません。

ただ、ゲームの序盤は攻撃用宝石優先になるかと思いますので、防御用の宝石は宝石袋や遊歴などでコツコツと手に入れては装着、余れば合成してまた装着、というサイクルで宝石を集め、できるだけ無駄の出ないようにするのがポイントです。

お金がなくても課金できる方法


スポンサーリンク